Beach House in LA


by setsukomatsumoto3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イギリス 6月9日

6月9日 チェルトナム から Warwickへ移動

ここのホテル(B&B)の朝食は朝7時から9時までの間、自由にとれる。

b0176023_531963.jpg


列車でNarrow ボートの場所まで 列車 Cross Countryで移動、2時間。

b0176023_535613.jpg


途中、Birmingamで乗り換え、大都市の駅構内はどこも同じ。
写真を撮っていたら警備員に注意された。
テロのためも警備だ。

b0176023_541667.jpg


Leamington Spaで下車、ボートの会社の人が出迎えてくれた。

b0176023_5565311.jpg


彼女がほんの20分ほど 操作の仕方を説明してくれる。
ピエールが運転、私は料理係?

b0176023_5245074.jpg


b0176023_5253536.jpg


b0176023_514420.jpg


b0176023_5292756.jpg


b0176023_530310.jpg


いざ出発

b0176023_59435.jpg


ボートの内部は何でも揃っている

b0176023_5101314.jpg



b0176023_5103897.jpg


寝室らいいものは ひとつだが、ソファがベットに早代わりするので 合計8名まで一緒に旅ができる。

b0176023_512980.jpg


運転と機械関係はピエールにお任せ・・・

b0176023_5125717.jpg


スーパーの案内が出てきた、まずは、食料を5日間の食料を買い込むために、ボートを岸につないで丘に上がる。

b0176023_516933.jpg
 


b0176023_5222167.jpg


イギリスは犬愛好家がとても多く ボート旅行も勿論一緒

b0176023_5172921.jpg


私もごわごわ練習・・・

b0176023_5305463.jpg


でも なかなか まっすぐに進んでくれない!
少しでも舵を動かすと 船体が長~いから、曲がったら最後 戻るのが大変、そういうときは、すぐに「ピエール!ヘルプ!」

b0176023_5341571.jpg


ブリッジは二隻通れないから 脇で待つ
この端には番号が付けられていて これで自分たちの居場所が地図で確認できるってわけ

b0176023_5371873.jpg


運河も地形に沿って 上っていったり下がったり。
水位の低い場所から 高い所に上るために 最初のチャレンジである 「ロック」に入る。



ロックのゲートを閉じて水位を上げる、船体が水で持ち上がる、水位がロックの向こうと同じになると、進行方向のゲートだけを開けて 出て進む、という仕掛け。

しかし、このゲートを開ける仕事は重労働
でも 偶然に居合わせた ボートと2隻で入ると 仕事が分担できるので楽だ。

b0176023_5462313.jpg


ロック内に水が流れ込み 水位が上がる プラットホームまで到達するのに もう少し

b0176023_5472597.jpg


b0176023_554204.jpg


b0176023_671947.jpg


夕暮れが近い、この辺で停泊して ディナーを作るか。

b0176023_5554495.jpg

[PR]
by setsukomatsumoto3 | 2009-06-21 04:08 | 海外旅行(アメリカ以外)