Beach House in LA


by setsukomatsumoto3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

長生きしたい・・・っていってた

今日はいいニュースと悪いニュースが・・・

ピエールを乗せて家を朝5時半出発でハリウッドのカイザーホスピタルまで行ってきました。

去年、ピエールが心臓手術をした病院です。

セキュリティーが厳しくて 付き添いの私は 守衛さんのところでまず 免許証を見せて通行証みたいなものを作ってもらいます。
前のときは、手書きのステッカーだったのに、今回は免許証を機械にスライドさせて、起き掛けで髪もとかしてない化粧もしてない顔写真をバチッと撮られて、こんな便利な写真付きステッカーが出てきて、変に感激したりして・・・
これを胸に貼って、やっと中に入れます。
b0176023_12441380.jpg


この間、ロサンゼルス空港でもセキュリティーで2分くらい両手を挙げさせられて スキャンマシンの前で調べられたけれど、こんなことにお金と時間をかけなければいけない時代なんですかね。

ピエールが少しまえから肩がときどき痛いといってたので、「これは心臓かもね」、「でも1年半前に開胸手術でバイパス手術3本と弁の交換をしたのにおかしいね」、といってました。

そして、今日は係りつけの心臓専門医から回されて、造影剤を流して診断する簡単なオペをしに施設のあるハリウッドまで行ってきました。

ナースステーションに行くと 元気のいいフィリピン系のおばちゃん看護婦さんに「Welcome to Hollywood!」と言われていて、ちょっと笑っちゃったけど。

ここは全米でも心臓外科で有名だからアメリカ中から患者さんが来るそうです。

全身麻酔ではなく、意識はある状態での1日検査入院でした。
足の付け根から造影剤を流すらしいのですが、手術するその先生と一緒に画像を見て、その場で結果がわかり、運悪く 弁がつまっている?とのことらしいです。

通常、彼の希望して入れてもらった豚の組織を使ったこの心臓弁は10年持つといわれていますが、たまにこういうこともある、というわけで運が悪い部類に入ってしまいました。

いろいろ方法はあるらしいので、あまり心配しないことにしてます。
(本人はちょっとショックみたいですが)

病院の待合室で流れているテレビのニュースを見ていたら、何と今日はハリウッドにオバマ大統領が選挙のキャンペーンで サンセット通りにある有名なライブレストラン「ハウス オブ ブルース」*に来るとかで 通行止めとか 交通制限があって、とんでもない日にハリウッドに来てしまった!と思ったのですが、この辺のひとは皆さん情報をしっているのでしょうか、こういうときに限って いつもより道路がスイスイで、3時すぎにフリーウェイに乗ったのにあっという間にサンペドロに着きました。
まあ、もっともキャンペーンは夕方かららしいですが、交通規制は朝から始まってました。

朝、Pが準備室に入るのを見届けて、終わるまで7時間も待合室にいるのは辛いので 一度家に戻ってきたら3時間ほど寝てしまいました。

*House of Blues
クリスが高校生の時組んでいたバンドがここでコンサートしたのが懐かしい・・・
デビットベノワに一度 ここでオーナー夫妻を紹介されたけれど、とっても性格が良さそうな素敵なご夫妻でしたっけ。
http://www.houseofblues.com/venues/clubvenues/losangeles/

オバマ大統領は、そのキャンペーンの後、メルローズの「Fig & Olive」という高級レストランでディナーするそうです。
ここまで公表していいの?って心配しちゃいますよ。
HPは開けなかったので下のサイトで見たら、とっても素敵なところらしいですが、$$$だって。
http://www.yelp.com/biz/fig-and-olive-west-hollywood

いいニュース: 今週末は長男のアンドレ夫妻がポートランドから来るので、彼の子供たち4人がここで全員揃うのは初めてで、サンペドロのレストラン「22nd Street Landing」でピエールのパースデーをします。
ここはシーフード専門店で、家から3分、マリーナに面した素敵なレストランです。
http://www.yelp.com/biz_photos/slisoI3QDCV6QX85Yg_NPA?select=vq7PwNgkVvWgSci5cudP4Q
[PR]
by setsukomatsumoto3 | 2011-09-27 12:13 | 日記