Beach House in LA


by setsukomatsumoto3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ディズニーランドを早めに切り上げて 向かった先は ハリウッドボウル・野外劇場
1ヶ月も前に買って楽しみにしていた ディズニーの「ファンタジア」のコンサート

出かける前に我が家定番の テイクアウト「ロール寿司」 (カリフォルニアロール、スパイシーツナロール、海老天ロール)を買い込みます。
今日はほかにシャンペン、ワイン、チーズディップ各種(サーモン、ハーブ)とクラッカーを持参
以前は手作りのお弁当を持参したものだけど、この頃は「こだわり」をなくして、買ったもので満足できるようになり、それに何といっても楽し始めると 辞められない!!
手作りでなくともOKな時は 楽することにした。
こだわり と やり過ぎで 疲れることは意味ないこともある。
これは私にとって すごい向上

トーランスのWilson Parkから ハリウッドボウル直行のシャトルバスが出ているので 前もって購入(往復5ドルと破格値!)し、バスに乗り込み ラッシュアワーの中をバスで1時間で到着

開演の1時間前でピクニックテーブルもやっと見つけたと思ったら 変な場所、でも文句はいえない。
早速 持参したテーブルクロスを敷いて 食べ物を広げれば それなりにディナーらしくなった。

b0176023_1720189.jpg

今日のメンバーは ピエール、ピエールの長女のルイーズ、ペルーからのゲストの佳代ちゃん、みつえちゃんと私の5人

いよいよ開演 
演奏はハリウッドオーケストラ、このメンバーはLA フィルと掛け持ちのメンバーが多数とのこと
b0176023_17205926.jpg


ファンタジアで私が一番印象にある 有名なシーンより・・・
b0176023_1743389.jpg


今日と明日は花火が上がるのでラッキー
最近 花火三昧・・・
b0176023_1750830.jpg


音楽に合わせた花火は、見事だけれど、あまりに激しい火事が心配になるほど・・・
b0176023_17221763.jpg


このハリウッドボウルの野外コンサート、1万7千人収容できる素晴らしい施設
夏の3ヶ月間、毎晩 ロサンゼルス市民の娯楽として楽しませてくれます。

参考までに今回の席は真ん中くらいで 券が32ドルくらい、バス代、手数料を入れて 52ドルくらいでした。

来年は何を見に来るのでしょう・・・

*************************
[PR]
# by setsukomatsumoto3 | 2011-09-03 17:46 | セツコのビーチハウス民宿
初日の語学学校から佳代ちゃんをピックアップすると その足で私たち二人は ディズニーランドへ直行

今日は天気が良すぎるくらいの天気です。
日焼け止めクリームと帽子とサングラスは必需品です。

まずはここロサンゼルス、正確にはアナハイムのオリジナルのディズニーランドにしかない「カリフォルニア アドベンチャー」から回ることに

b0176023_5465659.jpg


私のお勧めは 「アラジン」劇
待ち時間は30分くらいでした。
b0176023_5485130.jpg


実際 ディズニーの劇団がブロードウェイのようにして楽しませてくれる質の高ものなので 何度か見たけれどまだ飽きません。
それに歩き疲れたときは 冷房の効く劇場内でゆっくり座って 45分、休めるからありがたいです。
b0176023_5512267.jpg

b0176023_5514810.jpg


お次はこれも私のお気に入りで「Soarin over California」
b0176023_5553430.jpg

とっても美しいカリフォルニアの景色を空からセスナにでも乗ったように眺められるアトラクションです。
少し ハラハラドキドキもあり・・・

b0176023_5592315.jpg


ここでディズニーランドに移動して・・・
これが精一杯(これ以上の乗り物は耐えられない~)という 二人意見が一致して、「サンダーマウンテン」へ

b0176023_5595564.jpg


過激な乗り物のあとは、静かにゆったりのミシシッピリバーのクルーズへ
b0176023_692562.jpg

笑顔が戻ります。

船から見下ろしたカヌーライド
こんなアトラクションがあるとは今まで知らなかった!
今日は時間がないので 次回は乗りたい。
b0176023_6104531.jpg


そしてこんなキャラクターがいたとは ちっとも知らなかった。
グーフィーの隣にいるのは、誰かのいとこって聞きましたが、ミッキーのいこと?
b0176023_6263763.jpg


ディズニーランドを出る直前に現れたのは 大好きなピーターパン!
ラッキーのツーショット!
彼となら 背伸びしないでもバランスのとれたカップルです。
b0176023_627349.jpg


今日は、超スケジュールで、夕方からハリウッドボウルの野外コンサート、それもディズニーの「ファンタジア」の券を買ってあるので向かいます。
[PR]
# by setsukomatsumoto3 | 2011-08-31 05:55 | セツコのビーチハウス民宿

ロサンゼルスの語学学校

佳代ちゃんは 今日から1週間語学学校に通うことに・・・

カブリロビーチハウスから車で18分ほどのところにある 語学学校、「AOI(アオイ) ランゲージ カレッジ」といって、英語、日本語など教える 日本人経営の語学学校

今日から その送り迎をします。

110fwyと405fwyの交わったところから すぐ近くにある AOIはうちからは便利そうです。

気になるクラスの料金を聞いたら 意外にお安く、午前のクラス9時から12時45分までのが1週間で200ドルだそうです。
ただし、それに初回だけの申し込み料金が75ドルとテキスト、本代が60ドルくらい かかるそう。
1ヶ月くら行けば 割安になりそうですが。

初日は、クラスの申し込みとクラス分けのテスト(どのくらいの英語力があるかで振り分ける)があって、その後 担当の先生と面接があり、1時間半ほどかかりました。

その日は、私も学校内、事務所に入ってゆき、説明に出てきた先生が、なんと 私のこのブログを読んだことがある、と知って驚きました。
どこで誰が見ているかわからない世の中です!
[PR]
# by setsukomatsumoto3 | 2011-08-31 05:41 | セツコのビーチハウス民宿

ディズニーからの接待

ここ10日間、B&Bのゲストとほぼ一緒に行動していたので 家に帰るとブログを書く余裕がなくて 長らくご無沙汰しました。

ということで ここから過去10日間のまとめをします。

ペルーから来た彼女は、佳代ちゃんといって 色が白くて背が高~く、一緒に歩くと「チビデカ」コンビです。

8月18日

今晩は、ピエール様の関係で ディズニーからの接待で 夕方から佳代ちゃんも連れて ディズニー・グランドカリフォルニアホテルでレセプションに向かいました。

b0176023_2563359.jpg


ホテルの中庭に用意された ビュッフェスタイルの食事、デザート、バーはいつも私たちを興奮させます。
ディズニーは人を楽しませることを心得ているので 招待されると絶対行きたいです。

b0176023_32477.jpg


多少のお花の心得のある私はいつでもどこでも 飾られているお花が気になります。
b0176023_3245242.jpg


今回はディズニーのクライアントが30名ほどでしょうか、招待されて来ています。

ピエールは、来年12月にここで IEEEの学会で1800人ほどの規模の5日間のイベントを取り付けて、その実行委員長をするので それまで「チヤホヤ」されるわけです。
それに便乗できる私はツイてます。

まずは、ワインバーで赤ワインをいただいて乾杯して、おなかのすいてない私は軽くイタリアンのニョッキをいただき、綺麗に飾り付けられたデザートコーナーは目だけ、というわけにいかず・・・少しだけ・・・

b0176023_243152.jpg

b0176023_2422396.jpg


同席した方はなあんと、サクラメントからわざわざ飛行機できたとか。
b0176023_2463750.jpg


食事中、ディズニーのアニメーションキャラクターを描いてくれるアーティストが希望するディズニーキャラクターのスケッチ画を描いてくれます。(もち無料)
私は前に一度 「不思議の国のアリス」を描いてもらったので、今回は佳代ちゃんへのお土産に「ミッキーマウス」を描いてもらってプレゼント。

b0176023_2541726.jpg

ピエールは、今回はティンカーベルを描いてもらって嬉しそう・・・

b0176023_3271872.jpg


食後はお決まりで、観光客とは別の入り口から ディズニーランドの中へ・・・

短い時間で 3つも4つものアトラクションにご案内されるのです。
まずは、インディージョーンズへ 出口から入って行くので すぐに乗れるので待ち時間がなくてラクチン!
その後、ジャングルクルーズへ・・・
b0176023_325752.jpg


最後は、シンデレラキャッスルの前に上がる花火鑑賞。
我々のためだけに用意された「特別席」が用意されていて「ありがた~い」やらここで場所取りで1時間も2時間も待っている人に「申し訳な~い」気分と複雑な気持ち。

b0176023_313432.jpg


花火のあと 園内で解散
パスなしで どこへでも行ける!!!
夜も更けているけれど、こういうときは俄然元気がでるもので、
「カリブの海賊」とピエールの大好きなハワイの鳥小屋「Tiki Room」へ

b0176023_3162563.jpg


b0176023_317128.jpg


4日間のフリーパスももらって 明日からディズニー三昧が続きそう・・・・
[PR]
# by setsukomatsumoto3 | 2011-08-31 02:46 | セツコのビーチハウス民宿

ペルーからのお客様

8月18日

先週は、日本の福岡からのゲスト、それに引き続き、今日から1週間、ペルーからのゲストが泊まりにきました。

といっても、ペルー人でなくて、ペルー在住3年目の日本人女性で30歳の若さで書道家です。

最近知り合った友人のとよこさんの紹介です。(ありがとう~)

三味線に小唄までやっているというから今の若者にしては、素敵な趣味を持っているなあ、と関心したりして。

その彼女はNY経由でロサンゼルス入りし、空港で無事に会えてピックアップ。

ビーチハウスに着くと、ビーチと海が目の前に広がっているので感激して写真をパチパチ撮ってます。

お部屋にご案内して、お部屋の海側のフレンチドアを開けて新鮮な海の空気を入れると バケーション気分が盛り上がってきている様子です。

ペルーは南半球なので、今は冬だそうです。

私が前から絶対行きたい場所のひとつが、ペルーの「マチュピチュ」です。

ところが、聞いてみたら彼女はまだこのペルーの代表格の「マチュピチュ」に行ってな~~い、とのことでちょっと驚き!

彼女もいつかは行きたいと思いつつ、なかなか行くチャンスがないとのことで、ほんじゃ~私と一緒に来年あたり行く?みたいな流れになりました。

カブリロビーチハウスでは、到着するとまず、「ウェルカムドリンク」で お好きな飲み物を差し上げます。

今までのゲストは、大抵 カリフォルニアの絞りたての「オレンジジュース」を選ぶのですが、赤ワインを昼間から飲みたい、といってちょっと驚きながらも ワイン好きの私はつい嬉しくなって「ほんじゃ~私もお相伴に預からせていただいて・・・」てなことで カリフォルニアワインで乾杯しました。

Old Vine Zinfandaleは軽い赤ワインで昼間にはピッタリのワインでたまたまありました。

ちょっとのんびりした後、今回のゲストの彼女は英語の勉強がしたいというこで、申し込みしていた語学学校、トーランスの「AOIランゲージスクール」へ彼女を連れて行きました。
うちから車で20分です。

学校に行って驚いたのは、日系の語学学校の生徒さんが皆さん、英語を話しているのです。
私はてっきり日本人が英語を習いにくる場所で、日本人が殆どだと思っていたら、日本語を習いたい生徒さんたちもかなりいることを知りました。

明日から1週間、午前中のクラスを取るので、毎日送迎をします。

再びビーチハウスに戻り、昨晩作っておいた「豚汁と手作りのお漬物と白いご飯」というランチらしくない?メニューでランチをしてもらいました。
でも、ペルーから来たから ありがたみがあったかも・・・

前回、NYからペルーに帰った時は、サンマを冷凍してペルーに持って帰ったというから 日本食事情が伺えます。

今日から2日間、ピエールの関係で 去年に引き続き またまたディズニーから接待があり、夕方からディズニーに行きます。
担当のセールスの人がまたいい人で、ペルーから人が来ているので 私は今日は参加できないと、いったらペルーからのゲストも一緒に連れてきていいよ、といってくれて、3人で 出かけました。

この続きはまた時間ができたら・・・
[PR]
# by setsukomatsumoto3 | 2011-08-19 16:54 | セツコのビーチハウス民宿